ぎっくり腰ってなに?

ぎっくり腰は、正式には「急性腰痛症」とよばれ、その名の通り、急に起こる激しい腰痛のことをいいます。腰全体に痛みが及ぶこともあれば、腰の片側だけが痛む場合もあります。また、お尻や太ももに痛みやしびれを伴うこともあります。重度のぎっくり腰では、寝返りを打つのも困難になり、ほとんどの生活動作に支障をきたします。

ぎっくり腰の正体

当整体院では、独自の検査法により腰痛を4つのタイプに分類しています。
①姿勢症候群
②機能不全症候群
③内障症候群
④その他
以上の4タイプです(詳しくはこちらをご覧ください)
ぎっくり腰は、4タイプの腰痛のうち内障症候群に該当します。

ぎっくり腰=内障症候群

ぎっくり腰は、内障症候群に該当します。内障症候群とは、簡単に述べると椎間板の変形に伴う腰痛を指します。

椎間板の周囲には、靱帯や神経などの大切な組織が存在しています。左の図のように椎間板が変形して膨隆が認められると、靱帯や神経を圧迫します。それによって激しい腰痛が引き起こされるのです。

↓↓↓椎間板の変形です。背骨の間にある椎間板が圧迫されることによって、椎間板が変形、膨隆し、神経を圧迫しているのが分かります。

ぎっくり腰は肉離れはウソ!

たまに、ぎっくり腰は腰の筋肉の「肉離れ」である、という話を耳にしますが、実際はそんなことはありません。ぎっくり腰で、筋肉が損傷することはありません。もし、肉離れを起こしているのであれば、筋肉が損傷しているわけですから、腰に内出血の跡があるはずです。前述したように、ぎっくり腰の正体は「内障症候群」、つまり椎間板の変形、膨隆に伴う靱帯、神経の圧迫です。

ぎっくり腰の原因

姿勢・前かがみ動作

ぎっくり腰の原因とは何と言っても中腰の姿勢と前かがみの動作です。

ぎっくり腰は、内障症候群に該当するため、椎間板が変形することによって痛みが起こります。そして、椎間板を変形させる原因は、主に姿勢(中腰)、前かがみの動作です。中腰や前かがみの動作によって、椎間板に圧力がかかります。それによって、椎間板が圧迫されて変形・膨隆が起こるのです。
例えば、
✔腰を曲げて荷物を持ち上げる
✔床に落ちたものを拾う
✔長時間のデスクワーク
✔長距離運転
✔草取り、ガーデニングなど
✔洗面、うがいなど
✔介護の仕事
✔咳、クシャミ
他にも挙げれば山ほどあると思いますが、これらはすべて椎間板に圧力がかかる動作です。これらすべてがぎっくり腰の原因になり得るということです。

でも、不思議に思いませんか?ぎっくり腰を何度も繰り返している人もいれば、まったくならない人もいます。その理由についていくつか解説していきます。

腰椎の可動性

ぎっくり腰になりやすい人と、そうでない人がいます。両者の違いの中でもっとも重要な要素は、「腰椎の可動性」です。腰椎の可動性とはつまり腰の柔軟性という意味です。特に、どれだけ大きく腰を反らすことができるかがポイントです。ぎっくり腰になりやすい人や過去にぎっくり腰を経験している人ほど、腰を大きく反らすことができません。本来、人間の腰は下の写真の女性のように大きく腰を反らすことができます。腰椎の可動性が低下した状態で、中腰の姿勢や前かがみの動作を行うことによってぎっくり腰になるリスクが高くなります。ぎっくり腰は、腰椎の可動性を回復させることが重要です。

椎間板の強度・水分量

ぎっくり腰は椎間板の変形によって痛みが起こります。ということは、「椎間板の強度」も重要な要素になってくるはずです。椎間板の成分で最も多いのが「水」です。十分な水分量が確保されていることによって、柔軟で弾力のある丈夫な椎間板になるのです。しかし、加齢や生活習慣によって、椎間板から水分が失われると、弾力を失い、脆弱な椎間板になってしまいます。加齢とともに椎間板が薄くなり、背骨と背骨の隙間が狭くなるのはそのためです。椎間板の強度や水分量の違いによっても、ぎっくり腰のリスクが変わってきます。

ぎっくり腰の対処法

では、自宅で簡単に行えるぎっくり腰の対処法についてあげていきます。
✔ぎっくり腰になったらできるだけ座るのを避け、座る時間を減らしてください。
✔座る際は、堅くて座面の高い椅子を選んで座るようにしてください。座面の低い椅子は腰が曲がり腰痛を悪化させるリスクがあります。
✔床に足を伸ばして座る姿勢を避けてください。お風呂に入るときも同様です。
✔座った状態から立ち上がるときは、腰を曲げずに両足を伸ばしながら立ち上がるようにしてください。
✔車の運転をできるだけ避けてください。
✔物を持ち上げる動作を避けてください。
✔どうしても荷物を持つ必要がある場合でも、15kg以上のものは避けるべきです。
✔寝るときは低反発マットレスを避け、堅いしっかりとした寝具が理想です。
✔寝た体勢から起き上がるときも、腰を曲げずに両手でベッドを押しながら体を起こしてください。
✔咳やクシャミをするときは、立ち上がり上半身を後ろに反りながら行うようにしてください。腰を曲げながら咳やクシャミをすることで、腰痛が悪化する可能性があります。
✔常に腰を伸ばした姿勢を心がけてください。

ぎっくり腰が治るまでどのくらいかかるの?

 通常、痛みは1〜2週間ほどで自然と治まってきます。しかし、過去にぎっくり腰をした経験がある人は、近い将来再発するリスクが非常に高くなります。事実、過去にぎっくり腰の経験がある人のほとんどが、再発性の腰痛を経験しています。

なぜ、ぎっくり腰を繰り返すの?

 前述した通り、ほとんどの人が再発性の腰痛を繰り返しています。その理由は、ぎっくり腰のあとの治癒過程にあります。再発性の腰痛を繰り返すメカニズムは以下の通りです。

ぎっくり腰を予防するためには?

ぎっくり腰を予防するには、以下のことを意識する必要があります。
✔悪い姿勢を修正する
✔中腰・前かがみの動作を修正する
✔腰椎の可動性を回復させる
✔水分をしっかり摂る

まず、ぎっくり腰を予防するために最も重要なことは、普段の悪い姿勢を修正することです。中腰の姿勢・前かがみの動作に関わらず、普段の姿勢が悪いと少なからず椎間板に圧迫ストレスがかかります。悪い姿勢による椎間板への断続的なストレスが将来的にぎっくり腰のリスクを高めるのです。
次に、中腰・前かがみの動作を修正する必要があります。中腰・前かがみになる際は、股関節と膝関節を使って重心を下げます。腰を曲げて前かがみになることで、椎間板に圧迫ストレスがかかり、変形・膨隆の原因となります。
そして、3つ目に腰椎の可動性を回復させる必要があります。過去にぎっくり腰を経験したことのある人のほとんどが、腰を曲げることはできても腰を反らすことができません。これは、腰への前かがみのストレスによって、反対に腰を反らす動きが制限されてしまったためです。ぎっくり腰の再発を予防するためには、本来の腰椎の可動性を回復させておく必要があるのです。
最後に、椎間板の成分はほとんどが「水」です。十分な量の「水」を飲むことによって椎間板の強度を回復させる必要があります。

当整体院では、施術に加えて、姿勢修正、腰椎可動域改善のための自己修正法を用いてぎっくり腰をしない丈夫な腰づくりをサポート致します。